トップイメージ

このサイトについて

犬は元気でいると、一緒に散歩して犬も飼い主もいい気分でいられますが、一度病気になると大変です。何と言っても犬は話せませんから。ある程度何をして欲しいのか分かるのは、犬が元気な時であって、病気になり苦しそうにしていると何がどうなのか素人には分からないものです。
かと言って犬が具合が悪いから、獣医に任せておけばよいでは手遅れになることが多いものです。それだからこそペットで犬を飼うのなら最低限の犬の病気について知っておく方がお互い幸せではないでしょうか。

ケンネルコフ

犬小屋で、せき込むペットの犬
ペットの犬が犬小屋でコホコホとせき込んでいたら
犬の病気であるケンネルコフを疑いましょう。

症状としては、乾いた咳をする、鼻水がでる。

症状が軽いときは微熱があるだけで元気です。老犬や幼犬などは
免疫力がないため、高熱がでて、膿のような鼻水がでて、元気が
なくなります。
症状が重くなると肺炎を起こすこともあります。

感染症のひとつに『ケンネルコフ』があります。
ケンネル=犬舎 コフ=咳
気管にパラインフルエンザウィルスが感染する病気です。空気感染します。
単頭飼育よりも犬舎などで多頭飼いしていると発生率が高くなります。
細菌、マイコプラズマ、他のウィルスも合併すると咳きこみ、熱がでます。

病院に行くと、症状を確認後、胸部X線検査します。
細菌や微生物が原因の場合は抗生物質を投与します。
予防方法はワクチン接種しかありません。
伝染力が強く、健康な犬でも暑さや寒さ、慣れない環境での
ストレスなどで免疫の抵抗力が下がり感染する場合もあります。

感染犬がいると容易に感染してしまいます。
ペット美容院やホテルでの感染もあります。
成犬の場合は咳をしている場合、ケンネルコフではなくほかの病気の
疑いがあるので咳をしたら病院へいって早めの診断を受けるように
しましょう。

ワクチンを打っていない犬はワクチン接種が終わるまではほかの犬と
触れ合わないようにして下さい。多頭飼いしている場合は1頭が感染
するとすぐに広がるので注意が必要です。全頭必ずワクチン接種を
することで予防できます。

あなたの犬は大丈夫ですか

サイトMENU

Copyright (C) 2009 犬の病気と予防ガイド All Rights Reserved.