トップイメージ

このサイトについて

犬の病気は獣医に見てもらえばいいと思っていると、いざというとき手遅れです。大切なペットが嘔吐したら何をすればよいのか知っておくとペットも安心です。

犬の病気について

犬は元気でいると、一緒に散歩して犬も飼い主もいい気分でいられますが、一度病気になると大変です。何と言っても犬は話せませんから。ある程度何をして欲しいのか分かるのは、犬が元気な時であって、病気になり苦しそうにしていると何がどうなのか素人には分からないものです。
かと言って犬が具合が悪いから、獣医に任せておけばよいでは手遅れになることが多いものです。それだからこそペットで犬を飼うのなら最低限の犬の病気について知っておく方がお互い幸せではないでしょうか。

犬の病気はたくさんあります。私の家にも犬が2頭います。種類はミニチュアダックスフンド。 胴が長い分なりやすい病気として椎間板ヘルニアがあります。まだ幸い私の愛犬は椎間板ヘルニアにはなっていませんが。椎間板ヘルニアは高いとこから飛び降りたりジャンプしたりするとなりやすいです。
あとは抱っこの仕方ですね。ちゃんと腰も持ってあげないとなります。友人の愛犬が最近ヘルニアになりました。突然キャインと泣いて動かなくなったようです。で、足を少し引きずって歩いていたので病院に連れていくと椎間板ヘルニアだったそうです。 胴が長い犬は短い脚で支えているためになりやすいのです。体重が増えすぎて腰に負担がかかりヘルニアになることもあります。だから、むやみにえさをあげたり、おやつを与えないように。あとは十分な運動をすること。 椎間板ヘルニアは背骨を形成する椎骨と椎骨の間にある椎間板(クッションの役目をしています)が激しい運動などで変性して脊椎内に突き出てきて神経を圧迫。その為に後ろ足が麻痺してくる病気です。
症状としては歩くのを嫌がったり、散歩の途中ですわり込んだり足を引きずりながら歩きます。ひどくなると大小便を垂れ流します。 予防としては無理な格好はさせない、激しい運動をさせないことです。あとはソファからのぼりおりさせないことですね。
私の友人のところはよく椅子の上にのぼったり降りたりしています。ヘルニアになった子はそういうことはしていませんでしたが、原因は肥満でした。予防は飼い主しかできません。犬は喋ることができないのであらかじめ飼い主が予防してあげましょう。 。

あなたの犬は大丈夫ですか

サイトMENU

Copyright (C) 2009 犬の病気と予防ガイド All Rights Reserved.