トップイメージ

このサイトについて

犬は元気でいると、一緒に散歩して犬も飼い主もいい気分でいられますが、一度病気になると大変です。何と言っても犬は話せませんから。ある程度何をして欲しいのか分かるのは、犬が元気な時であって、病気になり苦しそうにしていると何がどうなのか素人には分からないものです。
かと言って犬が具合が悪いから、獣医に任せておけばよいでは手遅れになることが多いものです。それだからこそペットで犬を飼うのなら最低限の犬の病気について知っておく方がお互い幸せではないでしょうか。

犬の外耳炎

耳の垂れている犬って可愛いですよね。耳がピンと立っていると、野性的というか犬らしい(笑)感じなのですが、耳が垂れていると癒されるような感じがします。 でも注意しなければいけないのが、垂れた耳は耳の病気になりやすいことです。

犬の耳の病気に外耳炎があります。 外耳炎は外耳道にたまった耳あかに細菌や酵母が繁殖して起こる病気です。
耳掃除のときに耳道を傷つけ、シャンプーしたときや水遊びしたときに耳道内に水が入って細菌の繁殖の原因に。 私の愛犬の1頭が外耳炎になっています。ミニチュアダックスは耳が垂れているためなりやすいそうです。はじめはやたら耳を掻いているなあ程度でした。
でもしきりに掻きます。それで、耳の中を掃除してみると真っ黒な耳垢が。そして耳の中も臭いのです。ひどくなると耳を掻くだけでにおいが漂ってきます。
耳掃除も大切ですが丁寧かつ慎重に。シャワーのときは耳に水が入らないように。外耳炎になって病院にいくと薬をくれます。2本。薬をいれてくちゅくちゅ揉んであげます。すると、犬が頭をぶるっとします。そのあと拭いてあげてまた違う薬を入れて同じようにします。週に2回くらい定期的に行えばいつの間にか掻かなくなり治っています。
でも体質もあり、またすぐに症状が出る犬もいます。私の愛犬がそうです。もう1頭の愛犬はまったくなりません。耳をしきりに掻きだしたらすぐに病院へ。ずっと掻いていると血がでてきます。余計に耳に傷がいきますので早期発見し、早期治療を。すぐ治る病気です。
爪もちゃんと月に一度切っておくことです。伸びていると掻いたときに傷つけてしまいます。ミニチュアダックスフンドに限らずに耳が垂れている犬がなりやすい病気です。妊娠している犬は外耳炎になっても薬をいれて治療ができません。出産して授乳が終わってからの治療となります。

あなたの犬は大丈夫ですか

サイトMENU

Copyright (C) 2009 犬の病気と予防ガイド All Rights Reserved.